読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

区分分断の変換規則(2017/4/25 追記アリ)

書こうと思ってだいぶ月日が流れてしまったけどメモ。

Firefox52CSS Text Module Level3の区分分断の変換規則が実装された。原文でいうとSegment Break Transformation Rulesというやつ。

f:id:maiha2:20170410031618p:plain

こういう表示をしようとして、HTMLを書いたとき

<p>
  庭には
  二羽
  にわとりがいる。
</p>

要素の中で改行すると、ブラウザの表示では改行の箇所にスペースが挿入されてしまう。

f:id:maiha2:20170410015713p:plain

こんな感じに。 これが、例えば英語で

<p>
  The quick brown fox jumped over the
  lazy dogs.
</p>

としたときには the のあとの改行の箇所にスペースが入らない場合、改行の前後の thelazy がくっついて The quick brown fox jumped over thelazy dogs. となってしまうため、要素の中の改行にはスペースが入るのが適切となる。言語によってスペースが入ったほうがよかったりそうでなかったりするのだ。

それについて、区分分断の変換規則という仕様がある。その仕様では、white-space の値が normalnowrap のとき

区分分断は縮約可能になる。 そのような区分分断は、それらのうち連続するものは,スペース同様に 1 個のそれに縮約した上で、前後の文脈に依存して,それぞれが 1 個のスペース( U+0020)に変換されるか, または除去される:

とされている。そして、区分分断の直前、直後の文字が

両文字とも、東アジア圏の字幅プロパティ [UAX11] は [ F, W, H ( A ではない) ]のいずれかであって,かつハングルでない

の場合は、区分分断が除去されるという仕様だ。東アジア圏の字幅プロパティとはUAX11で定義されている字幅についてのプロパティで、日本語の全角文字、半角カナ文字、記号文字の字幅プロパティは前述の

[ F, W, H ( A ではない) ]

に該当する。東アジア圏の字幅については、東アジアの文字幅 - Wikipedia がわかりやすい。

F(Fullwidth; 全角)- 互換分解特性 を持つ互換文字。文字の名前に “FULLWIDTH” を含む。いわゆる全角英数など。
H(Halfwidth; 半角)- 互換分解特性 を持つ互換文字。文字の名前に “HALFWIDTH” を含む。いわゆる半角カナなど。
W(Wide; 広)- 上記以外の文字で、従来文字コードではいわゆる全角であったもの。漢字や仮名文字、東アジアの組版にしか使われない記述記号(たとえば句読点)など。
Na(Narrow; 狭)- 上記以外の文字で、従来文字コードでは対応するいわゆる全角の文字が存在したもの。いわゆる半角英数など。
A(Ambiguous; 曖昧)- 文脈によって文字幅が異なる文字。東アジアの組版とそれ以外の組版の両方に出現し、東アジアの従来文字コードではいわゆる全角として扱われることがある。ギリシア文字やキリル文字など。
N(Neutral; 中立)- 上記のいずれにも属さない文字。東アジアの組版には通常出現せず、全角でも半角でもない。アラビア文字など。 UAX#11では、これらの特性を次のように解釈することを推奨している。

よって、さっきの

<p>
  庭には
  二羽
  にわとりがいる。
</p>

は、この仕様が実装されたFirefox52では

f:id:maiha2:20170410031618p:plain

のように、スペースが挿入されず区分分断が除去される表示となった。


という記事を書こうとしたのだが、この仕様には

注記: これらの検査に入る前に、 分断 の後【直前/直後】のタブやスペースは,空白処理規則【前節】により すでに除去されていることに注意。

というNote(注記)がある。空白処理規則についての細かい仕様については省略するが、区分分断の変換規則が適用される以前に、空白処理規則によって white-spacenormalnowrappre-line のときに区分分断の直前と直後の空白(スペース U+0020 とタブ U+0009)は除去されることになっている。

<p>
  庭には
  二羽
  にわとりがいる。
</p>

となっている場合の表示は

f:id:maiha2:20170410031618p:plain

こうなるはずだった。

【2014年4月25日追記】2017年4月19日に正式リリースされたFirefox53で下記のバグは修正されました。

しかし、この仕様が実装されたFirefox52でこれを表示させても

f:id:maiha2:20170410015713p:plain

こう表示されてしまう。

<p>
  庭には
二羽
にわとりがいる
</p>

このように、1つめの改行以降のインデントのスペースを削除すると

f:id:maiha2:20170410031618p:plain

この表示になる。区分分断の変換規則を適用する前の、空白処理規則による空白の除去がされていないのだろうか。

調べてみるとこれはバグだった。

1316482 - Whitespace around the segment break should be removed before segment break transformation

英語が不自由なので正確に読み取ることができなかったが、上記のバグはFirefox 53で修正されるらしい。Firefox 53からは、仕様どおりに

f:id:maiha2:20170410031618p:plain

このように表示されるようになる予定だ。他のブラウザにも早く実装されるといい。

https://jsfiddle.net/zs06w8xf/1/

スペシャルサンクス

@ub_pnrさん、@myakuraさん、ご協力いただきましてありがとうございました!

参考